ねじからねじ締め機、計測・検査装置まで 日東精工株式会社

  • 各種ダウンロード
  • お問い合わせ
HOME > ブログ > 【ねじの基本】第2回 ねじの体について知ろう①

【ねじの基本】第2回 ねじの体について知ろう①

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ねじの形にはすべて意味がある!

 

ねじの体には、すべて意味があってこのような形をしているのです。

今回はねじの様々な部位と名称について解説します。

 

 ねじの体.png

 

①    駆動部

ドライバなどを差込むために空いている穴を「駆動部」と呼びます。

一般的な十字穴(+穴)以外にもたくさんの形があり、締める方向にしか回らない一方通行の駆動部や、

ある一定以上の力が加わると頭部が壊れてしまうものもあります。

 

②    頭部

ねじの頭部は、ねじがねじ込み過ぎないように固定させる役割があります。

なべ頭という形が一般的ですが、ねじ込んだ際に頭が出ないよう薄く作られた頭部や

ゆるみ止め防止効果を持つ頭部などがあります。

ちなみに2017年の「受験生応援ねじ」のように頭部を五角に加工することもできます。

 ※頭部形状の詳しい説明は後日公開予定

                              ・2017年版「受験生応援ねじ」

copy_jukenneji.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

③    ねじ部

ねじといえばこのギザギザですね。「ねじ部」と呼び、ねじの1番大事な部分となります。

この「ねじ部」にもたくさん種類があり、ゆるみ止めの効果を発揮するものや

ねじ込みやすくする効果を持たせたものなどがあります。

 

④    先端部

ねじの先を「先端部」と呼び、ここにも意味があります。

基本的には、相手材(締結材)によって形が変わります。

種類としては、ねじ込みやすくする「とがり先」や相手材を傷つけない「丸先」などがあります。

 

 

☆ねじ製品についてはこちら

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加