• 各種ダウンロード
  • メルマガ配信登録
  • お問い合わせ
HOME > ブログ > 【ニュースレター・2019年11月号(第59号)】3事業連携の当社の強みをアピール!

【ニュースレター・2019年11月号(第59号)】3事業連携の当社の強みをアピール!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ニュースレター」は毎月15日発行の社外報です。(メルマガ読者には翌日の16日に配信)

日東精工の取り組みや旬のTOPICS、コラムなどお役立ち情報をお届けしています。

今月号はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


関西機械要素技術展でファスナー、

産機、制御システム3事業連携の

当社の強みをアピールしました!

 

 10月2日から4日までインテックス大阪で「関西ものづくりワールド」が開催されました。

 これは今年で22回目を迎えた「関西機械要素技術展」と「関西設計・製造ソリューション展」、第4回となる「関西工場設備・備品展」、第2回「関西ものづくりAI/IoT展」、さらに今年から「関西次世代3Dプリンタ展」も加わった、計5つのモノづくりの展示会で構成されるものです。それぞれの展示会がリンクし合う西日本最大の展示ショーで、今年は約1350社が出展し3日間で4万人以上が来場しました。

 当社日東精工もこの「関西ものづくりワールド・第22回関西機械要素技術展」に出展しました。当社ブースでは「位置補正カメラ搭載ねじ締めロボット」をはじめ、「IoT対応ねじ締めロボット」、検査選別装置「MISTOL」、振動検査装置「KizMILⅡ」、軽量化素材の特性に合わせた各種セルフタッピンねじ等を出展し、あらゆる産業のニーズに応えるソリューション事例を披露しました。

 いずれもすでにこのニュースレターなどで紹介した当社が誇るべき製品群で、自動車分野をはじめ家電、住宅機器、IT分野などで、軽量化、省力化、環境負荷の低減、コストダウンなどの面で大いに貢献できるものです(詳しくは当社ホームページなどでもご紹介しています)。

  

関西機械要素技術展

 

 

自動車分野に貢献、

IoT化を促進する製品・技術

 

 下の写真は異種金属接合技術「AKROSE(アクローズ)」を紹介するコーナーです。「AKROSE」は従来の工法で必要であった接着剤や、温度や音波、レーザーなどの印加を不要とする環境負荷の低減に貢献する画期的技術です。カットサンプルを展示しその技術の中身を詳しく説明しました。
 また「位置補正カメラ搭載ねじ締めロボット」や「IoT対応ねじ締めロボット」も実機デモンストレーションを行いました。「IoT対応ねじ締めロボット」は締結品質を左右するファクターを収集し、IoT化を促進!複数のセンサやシステムを活用することで、締結工程をリアルタイムに監視。「異常」の発生原因を特定するほか、データの蓄積・分析によって、「異常」が発生する条件の洗い出しにも役立ちます。 
 さらに今回の展示会では、日東精工グループ・伸和精工の精密プレス加工技術も紹介しました。従来、切削でしか対応できなかった複雑形状のプレス化をミクロン単位の精度で実現するものです。

 このように製品や技術をパネルや映像、実物などでわかりやすくご紹介し、他メーカーにはない、世界にも類を見ない、当社のファスナー、産機事業、制御システムの3事業連携、さらには関連子会社の特殊専門技術を加えた、モノづくりのトータルソリューションを強くアピールしました。

 

アクローズ

 異種金属接合技術「AKROSE(アクローズ)」

 

ねじ締めロボット

 位置補正カメラ搭載ねじ締めロボット

 

  

   

進化し多様化する「受験生応援ゆるみ止めねじ」

今年度もプレゼントキャンペーンを開始します!

 

受験生応援ねじ2020

 

  日東精工では、ゆるみを防止するという特長をもつ当社の工業用ファスナー「ギザタイト」を、ゆるみにくい=集中力持続のシンボルとして、特別加工を施して、これまで5年間で2万2000人以上の方にプレゼントしてきました。

 学校やクラス単位での応募もあり、「今年はまだですか?」とお問い合わせも既に多数いただいています。ねじの大切さ、奥深さをたくさんの方(とくに若い世代)に知ってもらいたいという願い、またその若い世代、次代、次々代を応援していきたいという形にしてはじめたキャンペーンは、おかげさまで大きく成長し、NHKをはじめ多くのメディアでも、必ずといっていいほどご紹介いただけるようになりました。

 また小・中・高・大学の入学試験だけでなく、救急救命士の試験のために消防学校からのご応募があったり、看護師や運転免許、漢字検定その他の資格試験のためであったり、あるいはスポーツチームが一丸となるためにであったり、障がい者支援のためであったり、年配の方が自分の心を錆びつかせないためであったりと・・・・・・、当初想定したものとは違ったご応募もたくさんあり、もちろんこういったご応募も、いろいろな方々にねじのことや、当社日東精工のことをご理解いただけるチャンスであるとうれしく思って、感謝し大切にしています。

 キャンペーンは、当社の技術や製品が日々進化し続けているように、毎年同じことの繰り返しではなく、年度ごとにバージョンアップさせてきました。

 初年度はねじ頭の十字穴を「プラス思考」と表現していましたが、2年目からは小さなねじにもイラストや社名などを刻印できる技術を使って、ねじ頭に「祈成就」と刻印したり、自動車分野などで求められる軽量化を「軽い=リラックス」と受け止められるよう受験生応援ねじもアルミ素材の「軽量化」にしたりしてと年々進化させているのです。本年度は「AR機能」を搭載、専用アプリをかざすと当社キャラクターのねじっとくんが登場しエールを送る仕掛けになっています。

 今年度も①12月2日②1月6日③2月3日④3月2日の計4回に分けて、それぞれ先着100名にプレゼントを予定。また学校やクラス単位でのまとめてのご希望は別途相談に応じます。

 詳細は当社ホームページをご覧ください。

 

★なお次号以降、受験生応援ゆるみ止めねじに関連するこぼれ話、ちょっといい話などを随時ご紹介していく予定です

 

 

  

 

 2.【TOPICS】

 ・新しい綾部市市民センター「あやべ・日東精工アリーナ」がオープン

 ・当社台湾現地法人「SHI-HO」が創立50周年を迎えました

 ・電話応対コンクールで新入社員が審査員特別賞を受賞しました

                                          

3.【正己語録㉓】

  運をつかむ人

 

4.【連載㉓・あやべちょっと寄り道】

  明智光秀とあやべ(丹波平定)

 


 

 ・PDF版はこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加