• 各種ダウンロード
  • メルマガ配信登録
  • お問い合わせ
HOME > ブログ > 【ニュースレター・2021年11月号(第83号)】<今月もニュースが盛りだくさん>ミストルロボタイプ新発売!他

【ニュースレター・2021年11月号(第83号)】<今月もニュースが盛りだくさん>ミストルロボタイプ新発売!他

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ニュースレター」は毎月15日発行の社外報です。(メルマガ読者には翌日の16日に配信)

日東精工の取り組みや旬のTOPICS、コラムなどお役立ち情報をお届けしています。

今月号はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

小物部品検査選別装置「ミストル ロボタイプ」

ディジタル流量指示積算計「MC75・MC82」

制御システム事業部から2製品を新発売

さまざまな分野で、モノづくりに貢献していきます    

 

 

 当社はファスナー、産機、そして制御システムの3事業連携での「ファスニングソリューション」を強みにしています。ファスナー(工業用ねじ)だけでなく、そのファスナーをしっかり締めるねじ締め機やねじ締めロボットも開発し販売。あるいはファスナー・ねじに不具合がないか、しっかり締まっているかなどの計測検査までカバー、締結分野においてトータルでサポートをしています。

 当社のゆるみ止めねじ「ギザタイト」を集中力持続の願いを込めて受験生にプレゼントするキャンペーン(P2参照)が評判で、毎年多くのメディアなどで紹介されていることから、本社のある綾部市をはじめ一般の方には、日東精工はねじのメーカと理解されることが多いようです。

 しかし当社の事業を正確に記すなら、①ねじなどの冷間圧造部品を製造販売するだけでなく、締結・検査までをトータルでサポートする、世界でも他にほとんど例のない会社。また、それだけでなく②締結分野の枠を超えて、独自に培った技術で、さまざまな分野のモノづくりをサポートしている会社でもあるのです。

 今秋、制御システム事業部では2つの新製品の受注販売を開始しました。

 ひとつは小物部品検査選別装置「ミストル(MISTOL®)」の新しいバージョンです。「ミストル」は2006年の発売以来、自動車関連部品メーカなどで多数採用され高い評価を得ている検査選別装置で、その多くは検査対象部品に振動を与えて整列・搬送する自動部品供給装置「パーツフィーダ」を搭載しています。

 

ミストルロボタイプ

 

 振動させることで傷が付きやすいデリケートな部品においては、これまでは選別装置を使わずに目視検査することが一般的でした。今回、当社ではパーツフィーダを使用せず、バラ積み状態の部品をロボットが自動でピックアップして検査する選別装置「ミストル ロボタイプ」の開発に成功。これまでの選別装置では不向きであったアルミなどの部品検査も自動で行うことを可能としたものです。細かい動き・ハンドリングが可能な多関節ロボットとビジョンセンサ(物体を3Dで認識するカメラ)を組み合わせて、“物体の位置を認識して、多関節ロボットでつかみ、搬送”することを実現しました。多関節ロボットのハンドリングにより検査カメラの前でワークの姿勢を変化させて、あらゆる方向からの検査を可能にしています。「これまでお客様の要望に応えるべく、画像だけでなく、ねじの物理的な篏合検査なども含めて検査のバリエーションを増やしてきました。今回、多関節ロボットを検査選別装置に初導入したこともあり、技術を製品に反映させることに苦労しましたが、デリケートな部品の搬送の課題に対してもご提案が可能となりました。また多関節ロボットの特徴である“あらゆる姿勢に制御できる”ことを活かして検査時のワーク反転などの要望にもお応えします」(開発担当者)。

 上述①の「ファスニングソリューション」のラインナップとしてはもちろん、②さまざまな分野のモノづくりを強力にサポートする製品として期待しています。

 

MC75、MC82

 

 そして、制御システム事業部のもうひとつの新製品は「ディジタル流量指示積算計MC75・MC82」です。流量指示積算計は当社でも製造・販売している流量計(食品や船舶、燃料分野などに貢献)で測定した、単位時間当たりや積算の流れた量を測定場所から離れた場所で表示できるものです。「MC75・MC82」は、従来モデルから通信機能を強化し、Modbus-RTUプロトコルに対応しています。PLC・PCなど上位制御機器に接続して流量管理を行う際に、お客様でのプログラム作成が容易になりました。「これからお使いいただく方はもちろん、発売から歴史の長いシリーズですので、既存のお客様にもお役に立てる製品です」(開発担当者)。

 こちらは上述の②さまざまな分野のモノづくりをサポートする、に分類されるものです。

 当社の歴史を紐解くと、ファスナー製造よりも前に水道メータを製造販売していた時期があり、制御システム事業が当社のルーツともいえます。

 制御システム事業では既述の「ミストル」以外にも多数の製品を開発・販売しています。流量計のほかにもマイクロバブル洗浄装置は自動車分野などで多数採用されていますし、地盤調査機ジオカルテは国内で圧倒的シェアを誇っています。そして、こういったさまざまな分野でも、常にお客様のニーズに応え、進歩・進化させているのです。

 これからも当社では「お客様満足度120%達成」を目指し、事業部で培った個々の技術の向上・結集による製品開発を推し進めてまいります。

 

 

 

受験生応援ねじ2022

 

 

 

日東精工グループ紹介・和光

 

 

 

 2.【TOPICS】

 ・『旬刊福利厚生』で当社健康経営が大きく紹介されました

 ・パラグライダーでの世界的活躍を応援しています 詳しくはこちら

 

 

 3.【あやべ ちょっと寄り道㊸】

  リモート参加の新しい旅のプログラム

 

 

 4.【正己語録㊼】

  サステナビリティ経営へ


 

 ・PDF版はこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加