ねじからねじ締め機、計測検査装置まで

  • 各種ダウンロード
  • お問い合わせ

保存

HOME > ブログ > 第2回接着・接合EXPOに出展します!

第2回接着・接合EXPOに出展します!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

展示会概要

 

名         称


第2回接着・接合EXPO(高機能素材 Week2018)

会         期 2018年12月5日(水)~7日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17時まで)

会         場

幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1) 交通アクセス

主     催

リード エグジビション ジャパン(株) 

小 間 番 号

37-17

 

 

 

同時開催展

第9回 高機能フィルム展(機能性フィルム・成形加工機などが出展)
第7回 高機能プラスチック展(樹脂・炭素繊維・成形加工機などが出展)
第5回 高機能 金属展(金属材料・金属加工機などが出展)
第3回 高機能セラミックス展(原材料から製造装置までが出展)
第1回 高機能 塗料展(塗料・塗装・コーティング技術が出展)
第28回 液晶・有機EL・センサ技術展(ファインテック ジャパン)
Photonix 2018(第18回 光・レーザー技術展)

  

出展品目

新製品「AKROSE」

 

「AKROSE」とは?


当社が工業用ファスナー(ねじ)で培った「冷間圧造技術」を用いて素材を成形した後、その素材同士(複数個)をプレス加工により強固に接合させる、全く新しい「異種金属接合」技術です。

 

「AKROSE」の特長

 

  (1) 多様な材料の接合を実現

    鉄・ステンレス・アルミニウム・銅など、冷間圧造が可能な材料の接合が可能。

  (2) 複数材料の接合を実現

      複数の異種金属材料を接合することができ、各材料の特性(強度・導電性・熱伝導性など)を有効活用

      することが可能。

  (3) 複雑な接合形状を実現

      冷間圧造技術を用いるため、素材形状のコントロールによって多様で複雑な形態の接合が可能。

      また、接合後に2次加工を行うことにより製品の付加価値向上も可能。

  (4) 接合品の密着性を向上

    接合後の素材同士の密着性が高く、部材間の導通性などの特性を高めることが可能。

    また、非破壊・非接触を含む各種分析技術により、接合部の密着性の保証と高品質を実現。

  (5) 接合部の回り止め強度の向上

     素材形状を工夫することにより、接合部の回り止め強度(耐トルク強度)を高めることが可能。

  (6) 環境負荷を低減

   他工法で必要な熱や超音波などの印加が不要なため、環境負荷の低減に貢献。

 

接合事例

 

プレスの様子

 

FEM解析

 

X線CT(360°回転)

 

小間位置

 

ニュースリリース「AKROSE」はこちら⇒https://www.nittoseiko.co.jp/news/news_2018/new_product_akrose.html

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加