• 各種ダウンロード
  • メルマガ配信登録
  • お問い合わせ
HOME > ブログ > 【ニュースレター・2020年8月号(第68号)】医療用照明器「フリーレッド」発売!

【ニュースレター・2020年8月号(第68号)】医療用照明器「フリーレッド」発売!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ニュースレター」は毎月15日発行の社外報です。(メルマガ読者には翌日の16日に配信)

日東精工の取り組みや旬のTOPICS、コラムなどお役立ち情報をお届けしています。

今月号はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

  

医療機器分野に参入

医療用照明器「フリーレッド」を発売 

 

当社では今後成長が期待できる市場として「医療分野」をターゲットととらえています。

2019年10月に「メディカル新規事業準備室」を設置し、

本年1月には医療機器専用製造工場を設置するとともに、

医療機器製造業登録、第二種医療機器製造販売業許可を取得しています。

本年4月には「メディカル新規事業部」を発足し、事業運営の準備を進める中で、

このたび、医療用照明器「フリーレッド」の製造および販売の体制が整いました。

当社では本製品の開発、製造を皮切りに、皆様の健康で豊かな暮らしに貢献できるよう、

新事業領域での価値ある製品開発を進めてまいります。

 

メディカル新規事業部・石原執行役員

 

 

自然光に近い光色で

高輝度の光を発生する一般医療機器

 

 「フリーレッド」は、一般手術または診療に用いる光を発生させる装置です。

 電源ボックスを介して単回使用(1回だけの使い捨て)のライトユニットに電源を供給することにより、ライトユニットが自然光に近い光色で、かつ高輝度の光を発します。電源ボックスには、ライトユニットが最大3本接続可能です。手術時の補助照明装置として使用する場合には、簡単に自術野を自然光に近い光色で照らすことができます。2020年7月29日に販売を開始し、初年度はライトユニット6,000本、電源ボックス500台の販売を目指します。 

 

イメージ 

FREERED

                  医療用照明器「フリーレッド」 

 

 

 医療機器分野は人の命や健康に直接関わる分野です。ゆえに、製品にはより高い安全性や技術、多くの実証実験データが求められます。それらのハードルを越えていくことが、当社全体の意識や技術の底上げにつながっていくと信じています。

 今回発売する「フリーレッド」は許認可製品なので、文章でお伝えできる内容に制約があり、また新規事業の機密保持という観点からも、ここでより詳しい製品情報をご紹介できませんが、この製品の製造販売を通して得られた知見をもとに、次のステップ、さらにその次のステップに移行することを視野に入れています。当社はファスナー、産機、制御システムの3事業のそれぞれの「個」の力と、3事業が連携することで得られる「シナジー(相乗による拡大)」を強みとしていますが、いずれこのメディカル事業領域も他の3事業とシンクロすることになるでしょう。 

 

製品仕様

 

 

   ライトユニット   電源ボックス

          ライトユニット                電源ボックス

 

 

 

 2.【TOPICS】

 ・「日東精工テクニカルレポート」最新号、通巻第80号を今年7月に発行しました

 ・異なる金属同士を強固に密着させる「AKROSE HYBRID」を開発 詳しくはこちら 

 ・当社 人財教育本の印税を原資に綾部市図書館へ児童書を寄贈しました 詳しくはこちら 

 ・「ねじっとくん」から「まゆピー」へ バトンをつなぐ『あやべ大好きBOOK』                                         

 

3.【あやべ ちょっと寄り道㉚】

  家コウノトリが希望を運んできた!

 

4.【正己語録㉜】

  「失敗を恐れない」からさらに踏み込む!


 

 ・PDF版はこちら

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加